日帰りスノボツアーが中止となるとき

###Site Name###

日帰りスノボツアーというのは、たいていは借り上げバスなどを使って集合場所から現地のゲレンデまで高速道路を経由して直接移動し、日帰りでスノボを楽しむというものです。

こうした日帰りスノボツアーは安価であることから人気が高く、やや割高感のある宿泊をともなうようなスノボツアーのかわりに、シーズン中にリピーターとして何回も参加をしているといった人もいるほどです。したがって、基本的に日帰りスノボツアーは予約も格段に多く、極端な話をすると、最低催行人数は1名からというところもあるため、人数が足りないからという理由で中止になってしまうことはあまり考えられないといえます。

ビジネスジャーナル情報といえばこちらです。

しかし、日帰りスノボツアーの目的地となるゲレンデについては、天候がたよりという部分もありますので、場合によっては、あまりにも積雪がないためにリフトが止まってしまうほどということもあるのです。

この場合、スノボで安全に滑走することが望めないことから、主催者の判断で中止が決定されることがあります。



日帰りスノボツアーが中止となる場合、直前の何日か前に連絡が個別にあるものですが、場合によっては他の地域にあるゲレンデに振替をしてもらえる可能性もありますので、中止だからといって、当日にスノボで楽しむことをあきらめる必要はありません。

最近話題の日帰りスノボ情報サイトを利用しましょう。

また、振替を希望しないという場合には、すでに入金していたツアーの代金は、銀行振込など手段によって、後日返金されてきます。